PSVRはアダルト動画に最適?おすすめVRヘッドセットの特徴

fullnote
管理人
こんにちわ「ピクモ」管理人かんりにん清水しみず@picmo_jp)です。

人気のVRヘッドセットの一つにPlaystation VRがあります。

この臨場感はゲームだけではもったいなく、アダルトVRでも体験したい方は多いはず。

目の前で憧れの女優とエロいことできるのは、VRの醍醐味といえるでしょう。

この記事では、PSVRのスペックや他機種との比較、エロVRの視聴方法についてまとめました。

PSVRはアダルトVRの視聴におすすめ(PS4/PS5)

モデル CUH-ZVR2
価格 27,478円~
サイズ 約187×185×277mm
重量 約600g
ディスプレイサイズ 5.7インチ
解像度 960×1080
リフレッシュレート 120hz、90hz
DoF 6DoF
視野角 約100度

PSVRの価格や重量サイズ、解像度などのスペックを上表にまとめました。

重量感の約600gは他のVRヘッドセットに比べ、やや重いほうになりますが、気になるほどの大差ではありません。

ゲーム機で世界的に有名なPSシリーズでより深い臨場感で楽しめるPSVRは、高画質のVR映像で、現実さながらにAV女優とのエッチを楽しめますよ。

VRゲーム以外にも、FANZAやアダルトフェスタのアダルトVRに対応しています。

PSVRと他社VRヘッドセットの比較

PSVR以外にアダルトVRを視聴可能なVRゴーグルをまとめました。

PSVR Meta
Quest2
HTC Vive
Focus3
価格 27,478円 39,600円 179,000円
サイズ
(mm)
187×277 224×450 200×300
重量 約600g 約500g 約785g
解像度 960×1080 1832×1920 2448×2448
R/R(※) 120hz 90hz 90hz
DoF 6DoF 6DoF 6DoF
視野角 100度 100度 120度

※R/Rはリフレッシュレート

PSVRの特徴としては他のVRゴーグルと比較して安価で入手できます。

また家電店やゲーム販売店での入手のしやすさも特徴のひとつです。

PSVRでエロVRを見た人の口コミ・評判

PSVRでエロVRを見た人の口コミ・評判をツイッターから紹介します。

やはりアダルトVRの威力は凄まじいようです。

ゲーム用にPSVRを購入しても、エロにハマってしまうと抜け出せない様子。

3K+60fpsアダルトVR動画の臨場感は今までのエロ動画の概念をくつがえします。

PSVRのデメリット3つ

PSVRのデメリットは以下の3つです。

  1. 他機種と比べて解像度が低い
  2. 初期投資(ゲーム機)が必要
  3. 接続ケーブルが邪魔になる

3つのデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

1.他機種と比べて解像度が低い

他のVR機種と比べて解像度が低いことがあげられます。

価格帯の近いMeta Quest2と比較すると、PSVRが960×1,080に対しMeta Quest2が1832×1920と解像度は約2倍ほどの差があります。

アダルトVRだと4K辺りになると差を感じますが、FullHDぐらいなら差をほとんど感じません。

逆にリフレッシュレートはPSVRが最大120Hzに対し、Meta Quest2は90Hzなので、動きの速い映像はPSVRに軍配があがります。

2.初期投資(ゲーム機)が必要

PSVRでエロ動画を視聴する際には、PSVR本体以外にPS4もしくはPS5の本体が必要です。

PS5の場合安くても49,478円(税抜)~で、かなりの初期投資が必要になります。

現在PS4もしくはPS5を所有しているなら27,478円で入手できるので、他のVRゴーグルと比較しても安価で始めることができるでしょう。

ゲーム機なしでVRが見られるデバイスには、スマホセットタイプやスタンドアロンタイプのVRゴーグルもあるので、詳しくは以下のページを御覧ください。

VRゴーグルのおすすめ製品と選び方を見る

3.接続ケーブルが邪魔になる

PSVRを楽しむ際に気になるのがケーブルが邪魔になることです。

PSVRゴーグルとPS本体の間にPSVRプロセッサーユニットを接続するため、配線類が増えてしまうからです。

またPS本体とPSVRを比較的太いケーブルでつなぐので、動きのあるオナニーをする場合は邪魔になることもあります。

アダルトVRを観るのによりおすすめのVRヘッドセットに、MetaQuest2(メタクエスト2)があるので、以下のページも参考にしてみてください。

MetaQuest2(メタクエスト2)の特徴とおすすめポイントを見る

PSVRでAVVRを観る方法・流れ

PSVRでアダルトVRを観る方法と流れを解説していきます。

アダルトVRを観る際にはアプリを使う必要があります。

代表的な動画アプリのDMM(FANZA)とRadTV(旧Littlstar)の2つを紹介します。

FANZAのアダルト動画を観る際にはDMM、それ以外はRadTVになります。

DMMのアダルト動画対応アプリを使う場合

DMMのアダルト動画対応アプリを使う場合は以下の流れになります

  1. FANZAで観たい作品を購入する
  2. PSストアにてDMMアプリをダウンロード

それぞれの手順について、詳しく解説します。

1.FANZAで観たいVR作品を購入する

まずはFANZAで観たいVR動画の購入を済ませておきます。

FANZA会員でない方は、先に会員登録から始めましょう。

登録は、PC・スマホのどちらからでも大丈夫です。

FANZAに無料登録する

2.PSストアにてDMMアプリをダウンロード

次にPSVR内のPSストアから「DMM.COM」を検索して、アプリのダウンロードを行います。

あなたがスマホでアプリをダウンロードするのと同様に、PSVR内でDMMのVR再生アプリをダウンロードできます。

PSVRでは動画の再生だけでなく、作品の購入もできるので非常に便利です。

ダウンロード後ログインし、購入した動画内から観たい動画を選択すればVRの世界を堪能できます。

PSVRで見られるFANZAの無料VR動画の紹介ページへ行く

RadTV(旧Littlstar)を使う場合

DMM以外にアダルト動画の視聴をするには、RadTV(旧Littlstar)で対応可能です。

以前はLittlstarの名称で視聴可能でしたが、現在は統合されRadTVに変わりました。

RadTVは2分間までの視聴は無料で、それ以上は有料(月額4.99ドル)となります。

有料アプリになりますが、PSVRを使ったFANZA以外のエロVRの視聴はRadTV一択です。

RadTVでアダルト動画を見る流れは以下になります。

  1. 動画ファイルの準備
  2. rad.の登録
  3. PSストアでrad.アプリのダウンロード
  4. 外部ストレージから動画を再生

まず動画ファイルの準備を行います。

1.動画ファイルの準備(外部ストレージに動画を保存)

PSVRでFANZA以外のVR動画を再生する際は、USB端子の記録媒体(HDD、メモリなどの外部ストレージ)に動画を保存しておくことになります。

事前にアダルトVRの配信サイトで動画を購入し、外部ストレージに保存しておく必要があります。

FANZA以外のおすすめVR配信サイトには、アダルトフェスタがあります。

PSはexFATのファイルシステムしか読み取れないので、事前にフォーマットしておきましょう。

動画ファイルの拡張子はmp4のみ対応可能です。

動画ファイルをコピーする際、アプリが読み込みできるようにフォルダ名は「Littlstar」にしておくと良いです。

2.RadTVの登録

動画ファイルの準備をした後は、動画再生アプリRadTVの登録です。

登録は公式ページから行います。

公式ページ右上の『SINGUP』のリンクをクリックし会員登録を行います。

登録後、マイページの下部に『Edit Billing and Subscription』があるのでクリック。

支払い画面になるので、クレジットカードもしくはPayPalにて申し込みを行います。

3.PSストアでrad.アプリのダウンロード

RadTVの登録後は、PSストアで「Rad TV」のアプリをダウンロードしておきましょう。

PSストアで『rad』と検索すると、Rad TVというアプリが検索結果に出てきます。

4.外部ストレージから動画を再生

最後にPS本体にUSB記録媒体(外部ストレージ)を接続したら、Rad TVを起動し、ログインします。

ログイン後、左部にあるライブラリ内にある『SIDE LOADED』を選択してから、メモリ内にあるアダルト動画を選び、VR動画を視聴します。

Rad.live(RadTV)の公式サイトを見る

PlayStation VR2が登場

2023年2月22日に、PlayStation VR2が発売されました。

当記事で紹介した初代のPSVRと比較しながら、どのような進化を遂げたかを紹介します。

またメリットやデメリットについても見ていきましょう。

スペックが大幅に向上

まずはPSVRとPSVR2のスペックを比較してみます。

製品 PSVR2 PSVR
価格 74,980円 27,478円
重量 約560g 610g
解像度
(片目)
2000×2040 960×1080
視野角 約110度 約100度
リフレッシュレート 最大120Hz 最大120Hz
トラッキング 6DoF(インサイドアウト) 6DoF(アウトサイドイン)
瞳孔間距離調整 あり
(ダイヤル式)
あり
(PS本体で設定)
接続方法 有線 有線

PSVR2は価格が大幅に上がっていますが、その分のスペックも向上しています。

特に解像度は初代PSVRの約2倍になっており、より綺麗な画質でアダルトVRやゲームが楽しめるようになりました。

利便性の点ではトラッキング方法が変更されたことで、センサーを設置する必要がなくなっています。

またPlayStation本体と接続する際のケーブルは複数から1本に激減。

ボタン1つで外部が見えるシースルービュー機能も搭載され、いちいちヘッドセットを外す手間もありません。

これらはすべてPSVR2のメリットであると言えますね。

PSVR2のデメリット

PSVR2のデメリットは、PlayStation5がないと使用できない点です。

PlayStation4には対応していないため、持っていない場合が購入しないといけません。

本体とPSVR2を同時に買うと、13万円を超える出費となってしまいます。

一方、初代のPSVRはPlayStation4と5に対応。

スペックは劣りますが、ひとまず試してみたい方は初代PSVRを選ぶのもアリでしょう。

PSVR2の口コミ・評判

PSVR2の口コミをTwitterからまとめてみました。

ゲームよりもアダルトVR用に使っている人は多いようですね。

画質はMetaQuest2よりも良いので、臨場感の高い疑似セックスを楽しめますよ。

まとめ

PSVRはエロVRにもしっかり対応し、FANZAとの相性が良く優れたVRゴーグルです。

VRの魅力に一度でもハマってしまうと、普通のAVに戻れないぐらい依存性が高いです。

PS本体を持っているならコストをかけずにVR体験ができるのでオススメといえるでしょう。

ゲームにもエロにも使えるPSVRをぜひ検討してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA