PSVRはアダルト動画に最適?おすすめVRゴーグルの特徴

fullnote
管理人
こんにちわ「ピクモ(アダルトVR徹底解説)」管理人かんりにん清水しみず@vr_pro_jp)です。

今売れている人気のVRゴーグル(ヘッドセット)の一つに、PSVRがあります。

この臨場感はゲームだけではもったいなく、エロVRでも体験したい方は多いはず。

目の前で憧れの女優とエロいことできるのは、VRの醍醐味といえるでしょう。

この記事では、PSVRのスペックや他機種との比較、エロVRの視聴方法についてまとめました。

PSVRはアダルトVRの視聴におすすめ(PS4/PS5)

重量 約610g
装着感
画質
解像度 960×1,080

PSVRの価格や重量サイズ、解像度などのスペックを上表にまとめました。

重量感の約610gは他のVRヘッドセットに比べ、やや重いほうになりますが、気になるほどの大差ではありません。

ゲーム機で世界的に有名なPSシリーズでより深い臨場感で楽しめるPSVRは、高画質のVR映像で、現実さながらにAV女優とのエッチを楽しめます。

VRゲーム以外にも、FANZAやアダルトフェスタのアダルトVRに対応しています。

PSVRと他社VRヘッドセットの比較

PSVR以外にアダルトVRを視聴可能なVRゴーグルを比較表にまとめました。

比較項目製品 PSVR
(PlayStation VR)
Meta Quest2 Lenovo Mirage Solo HTC Vive Focus
価格 34,980円 37,180円~ 56,268円 130,900円
重量 約610g 503g 468g 781g
サイズ 185mm× 277mm 224mm×450mm 204mm×269mm
解像度 960×1,080 1,832 x 1,920 2,560 x 1,440 2,448 x 2,448

PSVRの特徴としては他のVRゴーグルと比較して安価で入手できます。

また家電店やゲーム販売店での入手のしやすさも特徴のひとつです。

PSVRでエロVRを見た人の口コミ・評判

PSVRでエロVRを見た人の口コミ・評判をツイッターから紹介します。

やはりアダルトVRの威力は凄まじいようです。

ゲーム用にPSVRを購入しても、エロにハマってしまうと抜け出せない様子。

3K+60fpsアダルトVR動画の臨場感は今までのエロ動画の概念をくつがえします。

PSVRのデメリット3つ

PSVRのデメリットは以下の3つです。

  1. 他機種と比べて解像度が低い
  2. 初期投資(ゲーム機)が必要
  3. 接続ケーブルが邪魔になる

3つのデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

1.他機種と比べて解像度が低い

他のVR機種と比べて解像度が低いことがあげられます。

価格帯の近いMeta Quest2と比較すると、PSVRが960×1,080に対しMeta Quest2が1,832 x 1,920と解像度は約2倍ほどの差があります。

アダルトVRだと4K辺りになると差を感じますが、FullHDぐらいなら差をほとんど感じません。

逆にリフレッシュレートはPSVRが最大120Hzに対しQuest2は72Hzなので動きの速い映像はPSVRに軍配があがります。

2.初期投資(ゲーム機)が必要

PSVRでエロ動画を視聴する際には、PSVR本体以外にPS4もしくはPS5の本体が必要です。

PS5の場合安くても39,980円(税抜)~なので、かなりの初期投資が必要になります。

現在PS4もしくはPS5を所有しているなら34,980円で入手できるので、他のVRゴーグルと比較しても安価で始めることができるでしょう。

ゲーム機なしでVRが見られるデバイスには、スマホセットタイプやスタンドアロンタイプのVRゴーグルもあるので、詳しくは以下のページを御覧ください。

ゲーム機なしでもVRが見られる!VRゴーグルのおすすめ製品と選び方を解説

あわせて読みたい
VRゴーグル(アダルトVR・エロ動画向け)のおすすめと選び方を解説 VRゴーグル(ヘッドセット)はアダルトVRを観るのに必要となるアイテムです。 これからVRを見始めようと思っても、どんなVRゴーグル(ヘッドセット)があるのか分からな...

3.接続ケーブルが邪魔になる

PSVRを楽しむ際に気になるのがケーブルが邪魔になることです。

PSVRゴーグルとPS本体の間にPSVRプロセッサーユニットを接続するため、配線類が増えてしまうからです。

またPS本体とPSVRを比較的太いケーブルでつなぐので動きのあるオナニーをする場合は邪魔になることもあります。

アダルトVRを観るのによりおすすめのVRヘッドセットに、MetaQuest2(メタクエスト2)があるので、以下のページも参考にしてみて下さい。

MetaQuest2(メタクエスト2)の特徴とおすすめポイントを解説

PSVRでAVVRを観る方法・流れ

PSVRでアダルトVRを観る方法と流れを解説していきます。

アダルトVRを観る際にはアプリを使う必要があります。

代表的な動画アプリのDMM(FANZA)とRadTV(旧Littlstar)の2つを紹介します。

FANZAのアダルト動画を観る際にはDMM、それ以外はRadTV(旧Littlstar)になります。

DMMのアダルト動画対応アプリを使う場合

DMMのアダルト動画対応アプリを使う場合は以下の流れになります

  1. FANZAで観たい作品を購入する。
  2. PSストアにてDMMアプリをダウンロード。

それぞれの手順について、詳しく解説します。

1.FANZAで観たいVR作品を購入する

まずはFANZAで観たいVR動画の購入を済ませておきます。

FANZAの会員登録がまだという方は、FANZAの会員登録から始めましょう。

FANZAは初めてVRを観る方に向けて、無料VR作品をプレゼントしています。

FANZAの登録は、PC、スマホのどちらからでも大丈夫です。

2.PSストアにてDMMアプリをダウンロード

次にPSVR内のPSストアから「DMM.COM」を検索して、アプリのダウンロードを行います。

あなたがスマホでアプリをダウンロードするのと同様に、PSVR内でDMMのVR再生アプリをダウンロードできます。

PSVRでは動画の再生だけでなく、作品の購入もできるので非常に便利です。

ダウンロード後ログインし、購入した動画内から観たい動画を選択すればVRの世界を堪能できます。

RadTV(旧Littlstar)を使う場合

DMM以外にアダルト動画の視聴をするには、RadTV(旧Littlstar)で対応可能です。

以前はLittlstarの名称で視聴可能でしたが、現在は統合されRadTVに変わりました。

RadTVは2分間までの視聴は無料で、それ以上は有料(月額$4.99)になります。

有料アプリになりますが、PSVRを使ったFANZA以外のエロVRの視聴はRadTV一択になります。

RadTVでアダルト動画を見る流れは以下になります。

  1. 動画ファイルの準備
  2. rad.の登録
  3. PSストアでrad.アプリのダウンロード
  4. 外部ストレージから動画を再生

まず動画ファイルの準備を行います。

1.動画ファイルの準備(外部ストレージに動画を保存)

PSVRでFANZA以外のVR動画を再生する際は、USB端子の記録媒体(HDD、メモリなどの外部ストレージ)に動画を保存しておくことになります。

事前にアダルトVRの配信サイトで動画を購入し、外部ストレージに保存しておく必要があります。

FANZA以外のおすすめVR配信サイトには、アダルトフェスタがあります。

PSはexFATのファイルシステムしか読み取れないので、事前にフォーマットしておきましょう。

動画ファイルの拡張子はmp4のみ対応可能です。

動画ファイルをコピーする際、アプリが読み込みできるようにフォルダ名は「Littlstar」にしておくと良いです。

2.RadTVの登録

動画ファイルの準備をした後は、動画再生アプリRadTVの登録です。

登録は公式ページから行います。

公式ページ右上の『SINGUP』のリンクをクリックし会員登録を行います。

登録後、マイページの下部に『Edit Billing and Subscription』があるのでクリック。

支払い画面になるので、クレジットカードもしくはPayPalにて申し込みを行います。

3.PSストアでrad.アプリのダウンロード

RadTVの登録後は、PSストアで「Rad TV」のアプリをダウンロードしておきましょう。

PSストアで『rad』と検索すると、Rad TVというアプリが検索結果に出てきます。

4.外部ストレージから動画を再生

最後にPS本体にUSB記録媒体(外部ストレージ)を接続したら、Rad TVを起動し、ログインします。

ログイン後、左部にあるライブラリ内にある『SIDE LOADED』を選択してから、メモリ内にあるアダルト動画を選び、VR動画を視聴します。

Rad.live(RadTV)の公式サイトを見る

PSVR2の最新情報(発売日は?)

次世代のPS用VRゴーグル、PSVR2の最新情報を紹介します。(2022年5月12日現在)

なお現段階では発売日、価格共に不明です。

スペック(解像度・視野角)が大幅向上

PSVR2はPSVRに比べ、映像の美しさを左右する解像度が大幅に向上します。

初代PSVRの4倍以上である、2000×2040ピクセルというの解像度により、4Kにも対応可能です。

視野角も従来の100度から110度まで広がり、さらなる臨場感を体験できることでしょう。

接続が簡単

PSVRではユニット内蔵のため、USB-Cケーブル1本で接続可能です。

初代PSVRは別体式ユニットのため、複数の配線が必要でわずらわしくなることもあります。

まとめ

PSVRはエロVRにもしっかり対応し、FANZAとの相性が良く優れたVRゴーグルです。

VRの魅力に一度でもハマってしまうと、普通のAVに戻れないぐらい依存性が高いです。

PS本体を持っているならコストをかけずにVR体験ができるのでオススメといえるでしょう。

ゲームにもエロにも使えるPSVRをぜひ検討してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA