ジュニアアイドル出身のAV女優16選|経歴・おすすめ動画まとめ

fullnote
管理人
こんにちわ「ピクモ」管理人かんりにん清水しみず@picmo_jp)です。

ロリコンにはたまらないジュニアアイドル出身のAV女優を紹介します。

ジュニアアイドルは歌手グループやグラドルとは違い、ややアングラ感があるのが特徴です。

本記事ではそんな彼女たちの経歴をまとめました。

気になるAV女優がいたら、ぜひジュニアアイドル時代の作品もチェックしてみてください。

< PR >「いちごキャンディ」はジュニアアイドルの動画が豊富です!

もくじ

本記事でのジュニアアイドルの定義

ジュニアアイドルの定義は明確に定まっていませんが、本記事ではデビュー時に18歳未満のアイドルを対象にしています。

かつては「チャイドル」とも呼ばれていたジュニアアイドル。

昔は小学生・中学生のヌードが掲載された雑誌も普通に販売されていました。

しかし1999年11月に児童ポルノ禁止法が施行されたことで、それらは市場から一斉に消えることになります。

2000年頃からは「お菓子系アイドル」と呼び方が変わり、ネットの進化とともにジュニアアイドルの需要も増加。

そんな彼女たちのアイドル時代とAV女優になってからの経歴を紹介していきます。

ジュニアアイドル出身のAV女優一覧

おすすめのジュニアアイドル出身AV女優は以下の通りです。

児ポ法が施行される前のアイドルは、現役時代の露出も高くなっています。

南果菜 紗凪美羽 Lilly
あいださくら 篠崎もも 臼井あいみ
仲村みう 蒼井怜 小阪みちる
白石ことこ 三村翔子 大沢里菜
萩原舞 由愛可奈 佐倉ねね
藤井レイナ

では、上記の元ジュニアアイドルAV女優の詳細を見ていきましょう。

元ジュニアアイドルのAV女優おすすめ16選

1.南果菜(大空舞)

生年月日 1998年4月4日
スリーサイズ B86(E) W57 H88
ジュニアアイドルデビュー 2012年
AVデビュー 2017年

ジュニアアイドル時代

南果菜さんは、「大空舞(おおぞらまう)」としてジュニアアイドルデビューしました。

デビュー時は13歳で、今では絶対に不可能なイメージビデオに出演しています。

実際に「となりの妹」では乳首ポロリを連発して、即発売停止に追い込まれる事態に。

かなり際どいシーンが目白押しで、ロリ好きなら食事も忘れてシコれるレベルです。

AV女優時代・デビュー作品

タイトル 新人NO.1STYLE 南果菜 AVデビュー
配信日 2017/12/16
時間 180分
メーカー エスワン ナンバーワンスタイル

AV女優デビューした南果菜(みなみかな)さんは、ジュニアアイドル時代に人気だったこともあってすぐ特定されました。

活動期間は約4ヶ月と非常に短いですが、出演作はいずれも高い評価を得ています。

しかしAVの販売が停止となったため、現在はFANZAなどのエロ動画サイトでは配信されていません。

彼女の作品を見てみたい方は、ジュニアアイドル時代の作品も楽しめるヤパンスカで視聴してみてください。

2.紗凪美羽(坂田涼)

生年月日 1992年2月5日
スリーサイズ B80(C) W54 H79
ジュニアアイドルデビュー 2003年
AVデビュー 2017年

ジュニアアイドル時代

紗凪美羽さんは、13歳のときに「坂田涼(さかたりょう)」名義でジュニアアイドルデビューしました。

当時から大人っぽい表情を見せており、つるぺたな体つきとはかなりギャップがあります。

16歳のときには、AKB第3期オーディションに合格するも2週間で辞退。

その後は大学受験を機に引退し、「瀬奈茉歩」の名でメイドバー勤務などをしていたようです。

AV女優時代・デビュー作品

タイトル 新人 紗凪美羽 ~元芸能人AVデビュ
ー!~
配信日 2017/03/16
時間 146分
メーカー マキシング

紗凪美羽(さなえみう)さんは、2017年にマキシング専属でAVデビューしました。

AV女優になったきっかけは、吉沢明歩さんへの憧れが大きかったようです。

2019年にはAVを引退していますが、現在もその人気ぶりは健在。

スク水を着たAVでは、ジュニアアイドル時代の面影を垣間見ることができます。

3.Lilly(山中ゆき)

生年月日 1996年2月8日
スリーサイズ 不明
ジュニアアイドルデビュー 2007年
AVデビュー 2017年

ジュニアアイドル時代

Lillyさんは「山中ゆき(やまなかゆき)」として、11歳のときにジュニアアイドルデビューしました。

2011年からは「怪傑!トロピカル丸」という地下アイドルグループにも参加しています。

グループは2013年に卒業しており、その後AVデビューまでの動向は不明です。

なお、ジュニアアイドル時代の動画は、ニコニコ動画にいくつかアップされています。

AV女優時代・デビュー作品

タイトル 1万人の男に跨った高速騎乗位帰国
子女ギャルAVデビュー!!
配信日 2017/11/23
時間 153分
メーカー kira☆kira

Lilly(りりぃ)さんがAV女優になったのは、ジュニアアイドルデビューの10年後でした。

ヤリマンの黒ギャルという設定になっており、昔の面影は全くありません。

元ジュニアアイドルという肩書はないので、特定した人はかなりの目利きですね。

出演作品は2本のみで、引退後の芸能活動はしていないようです。

4.あいださくら

生年月日 1991年4月18日
スリーサイズ B83(C) W58 H85
ジュニアアイドルデビュー 2007年
AVデビュー 2009年

ジュニアアイドル時代

あいださくらさんは、高校1年生のときにジュニアアイドルデビューしています。

顔立ちがかなり幼かったことから、小中学校にも見えるロリ度で人気となりました。

それでいて露出度は非常に高く、初のイメージビデオではいきなりチクポチを披露。

見えそうで見えないギリギリのラインは、フェティシズムを刺激してくれます。

AV女優時代・デビュー作品

タイトル 芸能人 あいださくら 18歳と2ヶ月で
AVデビュー
配信日 2009/09/06
時間 134分
メーカー SODクリエイト

あいださくらさんは、18歳になってすぐにAVデビューを果たしました。

ジュニアアイドル時代の面影がしっかり残っており、旧来のファンには衝撃だったことでしょう。

その後は一度引退し、出産を経て2014年に母乳作品でAVに復帰。

2018年以降は一般人に戻ったようで、現在はSNSなども閉鎖されています。

5.篠崎もも(桃瀬りか)

生年月日 1998年6月30日
スリーサイズ B86(F) W61 H88
ジュニアアイドルデビュー 2014年
AVデビュー 2016年

ジュニアアイドル時代

篠崎ももさんは、「桃瀬りか(ももせりか)」としてジュニアアイドルデビューしました。

当時は16歳でしたが、14歳の中学生と詐称していたそうです。

イメージビデオでは、チクポチやスジ見せといった過激なショットも多数あります。

ムチムチな体が好きな方にとってはたまらないでしょう。

AV女優時代・デビュー作品

タイトル 新人!kawaii*専属デビュ→ 発掘美
少女☆元Jr.アイドル篠崎もも18才
AVデビュー
配信日 2016/12/08
時間 118分
メーカー kawaii

篠崎もも(しのざきもも)さんは、AVデビュー前に着エロとヌードイメージビデオに出演しています。

八重歯が気になるのか笑顔は少なめですが、キュートに感じる方も多いでしょう。

単体作品は3本しか出ておらず、2018年の初放尿AVを最後に活動を停止しました。

6.臼井あいみ(高山咲)

生年月日 1994年9月20日
スリーサイズ B83(C) W57 H85
ジュニアアイドルデビュー 2008年
AVデビュー 2013年

ジュニアアイドル時代

臼井あいみさんは、13歳で「高山咲(たかやまさき)」としてジュニアアイドルデビューしました。

「はちみつしろっぷ」というイメージビデオを出していますが、作品はこの一本だけのようです。

しかし、あまりに幼いルックスは、多くのロリコンのハートを鷲掴み。

このDVDは販売停止になっているため、現在はプレミア価格で取引されています。

AV女優時代・デビュー作品

タイトル 新人ちゃん 居酒屋店員 バイト歴3週
配信日 2013/08/09
時間 130分
メーカー Magic

臼井あいみ(うすいあいみ)さんは、プレステージ系列の作品でAVデビューしました。

相変わらずのロリ顔で人気を博し、2016年までAV女優として活動。

別名義では「田中まりあ」のAVも1本存在し、2014年には無修正動画にも出演しています。

7.仲村みう

生年月日 1991年3月14日
スリーサイズ B83(C) W54 H83
ジュニアアイドルデビュー 2005年
AVデビュー 2017年

ジュニアアイドル時代

仲村みう(なかむらみう)さんは、オーディションを経てジュニアアイドルとなりました。

初期はお菓子系雑誌で際どいグラビアを披露し、14歳とは思えない妖艶さを見せています。

その後は17歳にして所属事務所の取締役に就任、後輩の育成などを担当。

2011年には突然ヘアヌードを出すものの、翌年には芸能界を引退しています。

AV女優時代・デビュー作品

タイトル Fade In
配信日 2017/06/01
時間 118分
メーカー MUTEKI

仲村みうさんは、芸能界引退から5年後の2017年にAVデビューしました。

26歳でのデビューで話題となり、DMM R18アダルトアワードでは最優秀作品賞を受賞しています。

現在は専属ではないものの、MOODYZをはじめとしたWILL系の作品に出演中。

ジュニアアイドル時代から追っていくと、成長の過程が分かってより興奮します。

8.蒼井怜(秋富友里奈)

生年月日 1988年12月13日
スリーサイズ B88(E) W60 H86
ジュニアアイドルデビュー 2004年
AVデビュー 2008年

ジュニアアイドル時代

蒼井怜さんは、「秋富友里奈(あきとみゆりな)」名義でジュニアアイドルデビューしました。

動画作品は1本しか確認されておらず、知名度的にはかなり低い方だと言えます。

デビュー当時は15歳で、イメージビデオでは水着姿のマン筋がバッチリ。

「PROFILE~若葉~ Vol.4 U-15」という作品なので、興味がある方は完売しないうちに手にいれておきましょう。

AV女優時代・デビュー作品

タイトル ときめきデビュー!Honey Bunny
配信日 2009/02/03
時間 114分
メーカー h.m.p

蒼井怜(あおいれい)さんは、2008年にh.m.pからAVデビューしました。

かなり大人っぽくなっていますが、ジュニアアイドル時代の面影は残っています。

AV女優となってからは、美巨乳を武器に2010年まで活動。

最後の作品ではごっくんができるまでに成長しました。

9.小阪みちる(薗部みよ)

生年月日 1989年4月23日
スリーサイズ B93(E) W61 H89
ジュニアアイドルデビュー 2004年
AVデビュー 2010年

ジュニアアイドル時代

小阪みちるさんは、「薗部みよ(そのべみよ)」名義でジュニアアイドルデビューしました。

デビューは15歳でしたが、14歳のときに写真集を撮影しています。

上記の写真集ではスク水のチクポチを披露。

また、元モーニング娘。の研修生という噂があるものの、真偽は定かではないようです。

AV女優時代・デビュー作品

タイトル 元・モー○ング娘。研修生が、セク
シータレントに転職
配信日 2010/02/26
時間 111分
メーカー EROTICA

小阪みちる(こさかみちる)さんは、20歳のときにAVデビューしました。

デビュー作はアイドルの枕営業がテーマになっており、ちょっとした生々しさがあります。

イメージビデオ風のシーンもあって、ジュニアアイドル時代を知る人には最高の演出でしょう。

10.白石ことこ(本宮あいか・仁科留美)

生年月日 1978年8月14日
スリーサイズ B84 W57 H82
ジュニアアイドルデビュー 1995年
AVデビュー 1998年

ジュニアアイドル時代

※当時16歳のためモザイク処理をしています

白石ことこさんは、16歳のときに「白石琴子」名義でデビューしました。

他には本宮あいか・仁科留美などの名前でも活動しています。

驚くべきはジュニアアイドル時代にヌード写真集を出していること。

あの宮沢りえさんでさえ18歳でのヌードだったので、これはかなりの衝撃ですね。

AV女優時代・デビュー作品

タイトル I BELIEVE
配信日 2007/01/02
時間 60分
メーカー トライハート

白石ことこさんのAVデビュー作は、1998年に発売されました。

当時はまだVHSの時代で懐かしさを感じます。

AV女優としての活動は2001年あたりまで。

確定情報はありませんが、三田佳子の長男・高橋祐也の元妻だという噂があります。

11.三村翔子(若本葵)

生年月日 1988年6月25日
スリーサイズ B75 W60 H75
ジュニアアイドルデビュー 2004年
AVデビュー 2009年

ジュニアアイドル時代

三村翔子(みむらしょうこ)さんは、15歳のときにジュニアアイドルデビューしました。

グラビアを中心に活動し、「若本葵(わかもと あおい)」名義の作品もあります。

彼女の魅力は、ちょっとキツそうな見た目と笑顔のギャップです。

一度イメージビデオを見ると、一気に引き込まれてしまう雰囲気を持っています。

AV女優時代・デビュー作品

タイトル フレッシュ
配信日 2009/05/01
時間 118分
メーカー MUTEKI

三村翔子さんはジュニアアイドル→グラドル→AVの流れでAV女優となりました。

AVデビュー後にグラドル時代のイメージビデオも出ています。

単体での出演作品は3本と少ないですが、テクニックはなかなかのもの。

期待されていただけに、早期の引退を惜しむファンがたくさんいたようです。

12.大沢里菜(藤井あい)

生年月日 1993年3月9日
スリーサイズ B80(C) W58 H82
ジュニアアイドルデビュー 2006年
AVデビュー 2012年

ジュニアアイドル時代

大沢里菜さんは、「藤井あい(ふじいあい)」としてジュニアアイドルデビューしました。

デビュー時は13歳で、初のイメージビデオは12歳のときに撮影されています。

この年齢にしてはかなり攻めた内容になっており、現代では間違いなくアウトな作品。

「12歳の思春期」では、水着の股間に染みができるハプニングもあります。

AV女優時代・デビュー作品

タイトル 新人!kawaii*専属デビュ→ ちっち
ゃなエース‘さわり~な’
配信日 2012/09/21
時間 118分
メーカー kawaii

大沢里菜(おおさわりな)さんは、19歳のときにAVデビューしました。

ジュニアアイドル時代よりもかなり綺麗になっており、笑うと昔の面影を感じます。

単体のAVは6本で、2015年には「市川みのり」名義で無修正動画にも出演。

無修正作品「元Jr.アイドルの追憶生ハメ!」は、HEYZOで現在も配信されています。

13.萩原舞(渡邊紗希・久保くるみ)

生年月日 1982年3月22日
スリーサイズ B84(E) W57 H84
ジュニアアイドルデビュー 1997年
AVデビュー 2004年

ジュニアアイドル時代

萩原舞さんは、ジュニアアイドルの前に「ASAYAN」のオーディションに出ています。

このときは「渡邊紗希」名義で、その後「久保くるみ」としてお菓子系アイドルになりました。

グラビアでは人気のロリ系雑誌「クリーム」などで活躍。

16歳で出した写真集では下着越しのマン毛を披露、18歳でヌードグラビアを撮影しています。

AV女優時代・デビュー作品

タイトル 夢より星より太陽より
配信日 2005/03/11
時間 59分
メーカー アリスJAPAN

萩原舞(はぎわらまい)さんは、2003年にAVデビューを発表しました。

知名度があったこともあり、専用レーベルが作られるほどの破格の対応だったようです。

しかしデビューさくでは、本番はおろかキスすらも疑似という箱入り娘ぶり。

2008年に初本番を披露しましたが、その後すぐにフェードアウトしてしています。

14.由愛可奈

生年月日 1993年2月12日
スリーサイズ B86(D) W59 H86
ジュニアアイドルデビュー 2010年
AVデビュー 2011年

ジュニアアイドル時代

由愛可奈(ゆめかな)さんは、17歳でお菓子系アイドルとしてデビューしました。

元々AVに興味があったようで、ジュニアアイドルになったのは知名度を上げるためでもあったのでしょう。

18歳になるとヌードグラビアを披露し、その後すぐにAVに出演するというスピード感。

ジュニアアイドルの時期は短いですが、ここまでビッグネームになった女優はそうそういません。

AV女優時代・デビュー作品

タイトル 新人 由愛可奈
配信日 2011/08/06
時間 129分
メーカー マキシング

由愛可奈さんはMAXING専属でAVデビューを果たしました。

それまでの経験人数は1人とされていますが、プレイを見る限りでは絶対違います(笑)。

現在は「水川潤」に改名し、DAHLIA専属女優として活躍中。

デビュー作を含む数本のAVは無修正流出しており、ヤパンスカで不定期配信されています。

15.佐倉ねね(木内杏子)

生年月日 1996年11月11日
スリーサイズ B95(H) W58 H88
ジュニアアイドルデビュー 2012年
AVデビュー 2016年

ジュニアアイドル時代

佐倉ねねさんは、「木内杏子(きうちきょうこ)」名義でジュニアアイドルデビューしました。

生年月日が2種類確認できるため、デビュー時の年齢は14歳か15歳となります。

リリースしたイメージビデオは「ボクの太陽」の一本のみ。

しかし当時から巨乳の破壊力は凄く、すでに大人の色気を溢れさせています。

AV女優時代・デビュー作品

タイトル E-BODY大型専属デビュー 卑猥乳首
Hカップの美人すぎるお嬢様
配信日 2016/07/09
時間 149分
メーカー E-BODY

佐倉ねね(さくらねね)さんは、E-BODY専属女優としてAVデビューしました。

その直前には着エロ作品「AV無理」にも出演しています。

その後AVには2018年まで出演し、2019年には無修正デビューしています。

引退発表はされていませんが、2020年に出た無修正動画が最後の作品となっています。

16.藤井レイナ(水野月)

生年月日 1989年8月28日
スリーサイズ B88(E) W59 H86
ジュニアアイドルデビュー 2005年
AVデビュー 2010年

ジュニアアイドル時代

藤井レイナさんは「水野月(みずのるな)」として2005年頃にデビューしています。

ジュニアアイドル時代は、水着やセーラー服姿でグラビアをやっていました。

当時は14~15歳くらいと思われますが、あどけない顔とは対照的におっぱいは成熟。

同級生の男子は間違いなく彼女をオカズにしていたでしょう。

AV女優時代・デビュー作品

タイトル 新人 藤井レイナ
配信日 2010/02/16
時間 120分
メーカー マキシング

藤井レイナ(ふじいれいな)さんは2010年にマキシング専属でAVデビューしました。

おっぱいはジュニアアイドル時代に比べて成長しており、綺麗なお姉さんに進化。

とはいえ顔の面影はしっかり残っているので、元「水野月」だとすぐに分かります。

現在は単体作品が販売停止になっているようですが、総集編やベスト版では視聴可能です。

ジュニアアイドルの動画はどこで見れる?

今回紹介したジュニアアイドルの作品は、ほとんどが発売停止になっています。

DVDは市場に出回っているようですが、かなりの高額になっていることもあるようです。

そこでチェックしてほしいのが、「ヤパンスカ」と「いちごキャンディ」の2サイト。

廃盤になった動画をアップしていたりするので、諦める前に確認してみることをおすすめします。

まとめ

元ジュニアアイドルのAV女優を紹介しました。

ひと昔前は、15歳前後の女の子のエロいイメージビデオが見れたんですね。

そのため今の時代に見てみると、むしろAVよりも抜ける気すらします。

発売停止になったジュニアアイドルの作品は、ヤパンスカやいちごキャンディで探しましょう。

当サイトでは地下アイドル出身のAV女優も紹介しています。

こちらもあわせてお楽しみください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA